イメージを変えるヘアーアイテム|自宅で簡単白髪染め

婦人

美しい髪を保つオイル

オイル

アルガンオイルは、ヘッドスパとして使用できます。毛穴に詰まった汚れや皮脂を取り除いて、健康的な頭皮環境を維持します。マッサージの効果で血流もアップするので、髪に栄養が行き渡りやすくなるそうです。抜け毛の予防にもなります。

View Detail

自宅で染める際のポイント

女の人

手袋が便利

白髪染めを使用する場合、染料が手に残ってしまうという経験をした人も多いのではないでしょうか。多くの白髪染めは、素手で使用することが出来るタイプの白髪染めもあり、染料が残らないように工夫されていますが、手荒れなど手に細かな傷がある場合には、その傷に染料が入り込んでしまい、色が残ってしまう可能性があります。それを防ぐための対策としては、ヘアカラー用の手袋を使用する方法があります。しっかりと手にフィットするタイプの手袋を使用することにより、染める時の作業も楽に行うことが出来ます。また、爪が長い場合には、爪の中に染料が入ってしまい、取れにくいということがある場合がありますので、短く切るか手袋を使用するようにしましょう。

使用する頻度

白髪染めの持続期間は、人により異なりますが、頻繁に白髪染めを使用していると髪の毛に大きなダメージを与えてしまう可能性がありますので、注意が必要です。特に、従来からある酸化染料を使用しているタイプの白髪染めは、一度髪の毛を脱色したから染めるため、繰り返し使用することにより、髪の毛にダメージが蓄積されていき、潤いのない髪の毛になってしまうことが考えられます。そのため、使用する頻度としては、多くても2〜3ヶ月に1回程度を目安にするようにしましょう。髪の毛が伸びてくると、髪の根元の白髪が気になるということもあるかもしれませんが、そのような場合には、髪の毛全体を染めるのではなく、部分的に染めることが出来る白髪染めを使用するようにしましょう。

医療用のウィッグやかつら

ウィッグ

女性用の医療用かつらを使用すると、がん治療の副作用で脱毛した頭部を、自然な感じで隠すことができる。医療用かつらは軽量で通気性が良く、汗をかいても蒸れることはない。女性用の医療用かつらはバリエーションが豊富で、思い通りの髪型にできるため、女性からの人気を集めている。

View Detail

理想の頭皮環境を

ボトル

ノンシリコンシャンプーを求める声が高まりつつあるようだ。頭皮や髪のことを考えているのなら、ノンシリコンシャンプーはおすすめのシャンプーとなるだろう。洗浄力があり髪の状態や生育環境にもいい影響を与えてくれるようだ。

View Detail