イメージを変えるヘアーアイテム|自宅で簡単白髪染め

女の人

医療用のウィッグやかつら

ウィッグ

医療用のかつらの特徴

がんや白血病の治療で、放射線療法や抗がん剤による薬物療法を受けると、毛髪が抜け落ちるという副作用が発生する。がん治療の副作用で毛髪が抜けた時には、医療用かつらを使用すると、脱毛した頭部を隠すことができる。医療用かつらには女性用のウィッグもあり、自分専用のウィッグをオーダーメイドすることも可能である。女性用の医療用かつらは、とても自然な感じに仕上がっており、違和感なく装着することができる。医療用かつらには人工毛と人毛がある。人工毛と人毛を両方使っている医療用かつらもあり、まるで本物の自分の毛のような再現性があることが特徴である。つむじの部分は人工皮膚を使っており、分け目についても忠実に再現している。

医療用のかつらの人気

医療用かつらやウィッグは、女性と男性のどちらからも人気がある。医療用かつらを使用することによって、がん治療の副作用で脱毛した人も、普段通りの生活を送ることができる。最近の医療用かつらは製造技術が進歩しており、本物の毛と見間違うような自然な仕上がりになっている。装着しても違和感はなく、かつらやウィッグを着けていることを他人に気づかれることはない。地肌に触れる部分は通気性に優れたネットになっており、汗をかいても蒸れることはない。最近の医療用かつらはとても軽量になっているため、長時間装着していても重いと感じることは少ない。医療用かつらは女性用も男性用もバリエーションが豊富で、思い通りの髪型にすることができる点も、高い人気の理由になっている。